視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

視力回復の治療法を解説!

「視力回復治療とレーザー手術の館」へようこそ!

当サイトでは、メガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具や、レーザーを照射するレーシック手術などについて解説しています。

レーシックとは、フラップを作成してからエキシマレーザーを照射する視力回復の治療法です。レーシック手術の特徴は、術後すぐに視力が回復する点。痛みもなく、時間が取れない人にむいています。

そのほか視力回復治療には、PRK手術やラゼック手術などがあります。エキシマレーザーを照射せず、切開する内眼手術に、フェイキックIOLがあります。これは強度の近視でも視力改善できる方法です。

視力回復治療といえば、このように眼科の視力矯正ですが、眼筋トレーニングをはじめとした視力回復トレーニングも含まれています。ただし日本の眼科医は、視力回復に否定的なので、民間療法が主体になります。

しかし、日本の眼科専門医のなかには、先進的な考えをもった医者もいます。眼科の電気治療(通電療法という)を実施していたり、独自の視力回復トレーニングを患者さんに指導していることもあります。

視力回復治療といった場合、幅広い意味があり、たとえば白内障手術もそのうちの一つでしょう。なぜなら水晶体を人工レンズと交換することによって、白内障はもちろん、近視や遠視、乱視、老眼まで改善することができるからです。

視力回復治療には、オルソケラトロジーといった睡眠中にコンタクトレンズを装用して視力アップをはかる方法もあります。

そのほかSP手術では、眼球にコラーゲン繊維を注入することによって、眼軸の伸びをストップさせます。厳密にいえば「回復」ではありませんが、眼科矯正医療の一種です。

仮性近視の子供などに、目医者が処方するミドリンやサンドールも、視力回復の治療法です。こういった目薬で近視・近眼が回復することは、まれですが、視力が回復する人もいます。

視力回復治療には、このようにさまざまな種類があります。当サイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

>> あなたの視力を自宅で改善させる方法とは?
子供用の視力回復教材はこちら

目がよくなる!視力回復法 強度の近視と視力回復 視力 よくなる 近眼の回復法 子供の視力低下・プロジェクト

視力回復治療の方法とは?