視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 視力回復治療の方法

視力回復治療の方法

視力回復治療の方法には、さまざまな種類があります。

大きく分けると、近視治療と、視力回復トレーニングの2種類があります。

視力矯正治療は、これも2種類に分類され、メガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具によって視力回復の治療を行なうものがまずひとつ。

もうひとつは、視力回復手術といった視力回復治療の方法です。これには、エキシマレーザーを照射するレーシック手術やPRK手術、ラセック手術、エピレーシック手術、イントラレーシック手術などがあります。

そのほか角膜内に埋め込む、角膜内レンズや角膜内リング、あるいは、眼球内に埋め込むフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)や白内障手術などがあります。

このほか眼科矯正器具と手術のどちらでもなく、その中間的な存在である視力回復コンタクトレンズ(オルソケラトロジー)もあります。これも視力回復治療の方法の一種です。これはレーシックの後遺症や合併症が心配な人に適しています。

そのほか眼科の通電療法やSP手術といった視力回復治療の方法もあります。
眼科の電気治療は、微弱な電気・電流を目に流すことによって、仮性近視や屈折性近視の視力改善が期待できます。

SP手術は、厳密にいうと視力回復治療の方法ではありませんが、コラーゲン繊維を眼球に注入することで、眼球を固めて、眼軸の伸びを阻止することができます。

以上のように、視力回復治療の方法には、じつにさまざまなものがあります。もし目に傷をつけず、負担をかけない方法をお探しなら、民間の視力回復トレーニングや訓練がおすすめです。

視力回復手術レーシック〜眼科矯正治療の主流

視力回復手術レーシックは、いまや視力回復治療の方法のなかでは、もっとも人気があります。なぜなら通常、眼科の世界では視力回復トレーニングによって、目がよくなること

視力回復手術レーシック〜眼科矯正治療の主流

視力回復手術は失敗することもある?〜後遺症や合併症

視力回復手術は失敗することはあるのでしょうか?まずいえることは、眼科専門医が担当した視力回復手術では、失明したことはないということです。ただし医師免許だけで眼科

視力回復手術は失敗することもある?〜後遺症や合併症

視力回復手術のレーザーとは?〜医療で活用されているエキシマレーザー

視力回復手術のレーザーは、今や医療分野で活用されているエキシマレーザーを使用します。この視力回復手術のレーザーは、紫外線の一種です。エキシマレーザーは、もともと

視力回復手術のレーザーとは?〜医療で活用されているエキシマレーザー

視力回復手術の後遺症・合併症とは?

視力回復手術の後遺症・合併症について解説します。レーシック手術などの視力回復治療だけではなく、医療の手術、眼科の治療というものには、多少、後遺症が出現することは

視力回復手術の後遺症・合併症とは?

近視治療の方法とは?〜メガネ、コンタクトレンズ、トレーニング法

近視治療の方法といえば、まずメガネやコンタクトレンズが挙げられます。メガネはもっとも古い近視治療の方法です。昔は球面レンズといって球体の一部をレンズにしたような

近視治療の方法とは?〜メガネ、コンタクトレンズ、トレーニング法

仮性近視の治療法とは?〜目薬やトレーニング

仮性近視の治療法としては、眼科では目薬を処方します。いわゆるミドリンとかサンドールといった散瞳薬ですね。これは瞳孔を散開(開く)ための目薬です。もともとは、眼底

仮性近視の治療法とは?〜目薬やトレーニング

近視の通電治療とは?〜電流を流して仮性近視を治す

近視の通電治療によって、目をよくする方法があります。いわゆる眼科の通電療法というものですね。眼科での近視の通電治療は、効果のわりに、あまり知られていないかもしれ

近視の通電治療とは?〜電流を流して仮性近視を治す

軸性近視の治療法とは?〜強度近視の視力回復の方法

軸性近視の治療法といっても、通常のメガネやコンタクトレンズを装用すれば、弱視や眼病がないかぎり、よく見えるようになります。ただメガネの度があまりにも強いと、レン

軸性近視の治療法とは?〜強度近視の視力回復の方法