視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 軸性近視の治療法とは?〜強度近視の視力回復の方法

軸性近視の治療法とは?〜強度近視の視力回復の方法

軸性近視の治療法といっても、通常のメガネやコンタクトレンズを装用すれば、弱視や眼病がないかぎり、よく見えるようになります。

ただメガネの度があまりにも強いと、レンズのはしでゆがむので、眼鏡の装用には限界があります。ハードコンタクトレンズかソフトコンタクトレンズがおすすめです。ハードレンズは、光学的にもっとも優れているレンズです。

あるいはレーザーを照射するレーシック手術でも、強度の軸性近視を治療することができます。ただし厳密に言うと、通常のイントラレーシックでは、視力0.01というような強度の近視・近眼を矯正できません。

強度の軸性近視を治療する視力回復手術には、PRK手術やラセック手術、エピレーシック手術、フェイキックIOLがあります。あるいは、こういったレーザー角膜矯正手術と角膜内リングを組み合わせるという方法があります。この方法なら、どのような最強度の近視であっても、視力を改善することができます。

以上のような軸性近視の治療法は、いわゆる視力の矯正法です。つまり松葉杖のように、視力を支えており、本当の視力回復ではありません。

目の筋肉を鍛える眼筋トレーニングによって、軸性近視を治療するとなると、かなりむずかしいでしょう。毛様体筋をきたえても、軸性近視の原因は、毛様体筋の緊張ではなくて眼球・眼軸の伸びですから、あまり効果的ではないですよね。

軸性近視とは、近視の最終段階であり、眼球が楕円状にたてに長く伸びた状態です。いったん伸びた眼軸を元の形に戻すのは、容易なことではありません。

ベイツス理論では、外眼筋が緊張して眼球をしめつけるため、眼球が変形すると説明しています。もし軸性近視を治療する方法があるとすれば、このベイツス理論であり、眼筋トレーニングになります。あるいは、脳からアプローチして、脳を活性化させて視力を改善するという方法も考えられます。

視力回復治療の方法一覧