視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 仮性近視の治療法とは?〜目薬やトレーニング

仮性近視の治療法とは?〜目薬やトレーニング

仮性近視の治療法としては、眼科では目薬を処方します。

いわゆるミドリンとかサンドールといった散瞳薬ですね。
これは瞳孔を散開(開く)ための目薬です。もともとは、眼底を検査するために瞳孔を広げるための点眼薬です。

瞳孔を開くと、毛様体筋がゆるんで弛緩するために、仮性近視の治療法として利用されています。初期の近視は、遠近調節をしている毛様体筋が緊張しているからです。

しかし長期間ミドリンやサンドールを点眼していると、目の調節機能が衰退してしまうという副作用があります。そこで短期間だけ様子を見て、処方するのです。

実際にこの散瞳薬の点眼薬で仮性近視を治療できるのは、ごくわずかなようです。もしこれで完全に仮性近視が治ったら、いまごろ近視の子供はいませんし、急激な視力低下もありませんよね。

そのほか仮性近視の治療法には、眼科の通電療法があります。これは全国でも、わずかな眼科でしか行なっていません。まだ先進的な考えをもった目医者が少ないのです。近視は治らないものと眼科医は認識しているのです。

しかし、しょせん仮性近視は毛様体筋のこりであり、肩こりのようなものですから、コリがほぐれれば視力が回復するはずです。

目に微弱な電流・電気を流すと、毛様体筋の緊張がほぐれて、視力が回復していきます。子供ほど視力回復しやすいといえます。それは子供ほど、水分が多いので電気が流れやすいからです。

このほか、あえて仮性近視の治療法をさがすとするなら、オルソケラトロジーがあります。これは睡眠中にコンタクトレンズを装用すると、角膜の屈折率を調整できるために、視力がアップするのです。

これだけでは単なる視力の矯正ですが、仮性近視、とくに子供の段階で視力回復コンタクトレンズをすると、角膜の突出が押さえられて仮性近視が完治するという報告があります。

視力矯正のためにオルソkレンズを装用していたのが、ほんとうに仮性近視が治療され、治ってしまうわけですね。

仮性近視は治療しやすいものです。
この段階では、けっしてメガネをかけるべきではありません。子供の視力低下は急激に進行していきます。大人の3倍以上のスピードで進んでいくのです。そのため、いったんめがねを掛けると、視力低下は早いです。

仮性近視の段階では、適切な視力回復トレーニングを毎日、しかも自宅で持続していけば、1ヶ月以内に効果が現れるものです。3Dのマジカルアイでもいいですし、ピンホールメガネなどの視力回復グッズ、視力回復機でもいいでしょう。

インターネットには、視力回復の専門家が書き下ろしたマニュアルも販売されていますので、これを参考にするという選択肢もあります。

視力回復治療の方法一覧