視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 近視治療の方法とは?〜メガネ、コンタクトレンズ、トレーニング法

近視治療の方法とは?〜メガネ、コンタクトレンズ、トレーニング法

近視治療の方法といえば、まずメガネやコンタクトレンズが挙げられます。

メガネはもっとも古い近視治療の方法です。
昔は球面レンズといって球体の一部をレンズにしたようなイメージでした。そのため収差が激しく、それこそ強度の近視になると、牛乳瓶の底のようなメガネレンズでした。

しかし今は、非球面レンズというものが開発されています。
これは、球体の一部ではなく、なだらかなレンズ面を形成することが可能です。さらに両面非球面レンズという最高級の眼鏡レンズも登場しています。これはレンズのはしでも、映像がゆがまず、収差が少なくなっています。

両面非球面レンズによる近視治療の方法は、強度の近視であってもさほど分厚いレンズになりませんし、乱視にとても有効です。

眼科矯正器具を使った、もうひとつの近視治療の方法は、コンタクトレンズです。コンタクトはメガネの次に登場しました。

ハードコンタクトレンズから始まり、登場した当初は、酸素透過性が低く、角膜が酸素不足になりがちでした。角膜内皮細胞が極度の酸素不足になるため、細胞が死滅し、角膜が白くにごるというコンタクトレンズの障害が発生したのです。

これを水疱性角膜症といいます。
角膜が白くにごると、白内障のように、ものがはっきり見えませんから、視力を回復しようとすると角膜移植という手段しかなくなります。

そこで酸素透過性のあるハードコンタクトレンズが登場して、現在にいたっています。その後、長期装用型のソフトコンタクトレンズや使い捨てコンタクトレンズが登場しました。

近視治療の方法においては、眼科矯正器具を使わなければ、レーザー角膜矯正手術(レーシック)かオルソケラトロジーになります。レーシック手術は角膜を削って、近視の屈折力を弱めますが、もとにもどせなくなります。

いっぽう視力回復コンタクトレンズ(オルソケラトロジー)では、角膜をオルソkレンズでへこませるだけなので、いつでも元の状態に戻すことが可能になります。

このほかにも、近視治療の方法はあります。
実際に視力を回復させる方法です。眼科の視力回復法といえば、眼科の電気治療、いわゆる通電療法があります。これは目に微弱な電流を流すことによって、仮性近視や屈折性近視を治す方法です。

これ以外の近視治療の方法は、民間療法である視力回復トレーニングや訓練法になります。ただし心ある目医者は、独自の視力回復理論を持っていて、患者さんに指導することもあります。

たとえば遠くと近くを交互に見て、毛様体筋のこりをほぐすように指導したりといったことですね。

あるいは、外眼筋を運動させる眼筋トレーニングを指導する眼科専門医もいます。脳に着目し、脳を活性化させることによって、目がよくなるという立場をとる眼科医もいますね。

視力回復治療の方法一覧