視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 視力回復手術の後遺症・合併症とは?

視力回復手術の後遺症・合併症とは?

視力回復手術の後遺症・合併症について解説します。

レーシック手術などの視力回復治療だけではなく、医療の手術、眼科の治療というものには、多少、後遺症が出現することはやむをえないといえます。

視力回復手術の後遺症・合併症といっても、失明するわけではありません。今まで眼科専門医が行なってきたレーシック手術などで失明した事例はありません。

それでは実際に、どのような視力回復手術の後遺症があるのでしょうか?たとえば、レーシック術後に視界がなんとなくぼやけるという症状が現れることがあります。これは時間とともに、よくなっていくものです。

レーシック手術前に強度の近視・近眼だった人は、過矯正により遠視気味になることがあります。そのため手もとがぼやけるので、遠視用メガネを貸してくれることがあります。

そのほか視力回復手術の後遺症としては、屈折の戻りがあります。これは原因が不明とされていますが、角膜が再生して、形が変わってしまうのではないかと推測されます。

それ以外でも、レーシックの術後に長時間近くを見て目を酷使していれば、当然近視が再発します。眼軸がさらに伸びるためです。

視力回復手術の後遺症として、フラップの作成に伴うものもあります。たとえばレーシック手術で作成したフラップの下に炎症が発生したり、フラップが角膜実質層に入り込んできたり、強く目をぶつけてフラップがずれてしまうという後遺症です。

これは、角膜上皮層だけのフラップを作成し、やがてはがれおちるエピレーシック手術やラセック手術では、ありえない視力回復手術の後遺症・合併症です。PRK手術でも、そもそもフラップを作成しない表面照射ですから、同様に起こりえません。

そのほかの視力回復手術の後遺症としては、夜間視力の低下があります。夜間になると見づらくなったり、光がにじんで見えたり、ぎらついて見えたりします。これをハロ・グレア現象といいます。

しかしレーザーによってフラップを作成するイントラーレーシック手術になってからは、このような症状は軽減してきました。イントラレーシック手術では、非常になめらからな切断面を作れるからです。

視力回復手術の後遺症として、乱視の出現もあります。
たとえばエキシマレーザーの照射位置がずれた場合。しかし、これも現在は起こりづらくなっています。なぜなら患者さんの瞳孔が動くと、それを追っていくシステムである、アイトラッキングシステムが導入されてきたからです。ここでレーザーの照射がずれると、かつては乱視が出現していたのです。

あるいは、強度の近視にもかかわらず角膜実質層をレーザーで深く削りすぎると、術後に眼圧によって角膜が変形してしまい、乱視が出現する危険性があります。

しかし、眼科専門医が担当すれば、起こりえないレーシックの後遺症・合併症ですね。だいたい-10Dまでは近視を矯正できるといわれています。しかし、これはレーシックのクリニック・施設によって異なります。

そのほかレーシック手術では、厚いフラップを作成するために、角膜の神経も切断してしまい、涙の出が悪くなって、レーシックの術t後、ドライアイが出現することがあります。

以上のように視力回復手術の後遺症は、まちがいなく存在します。こういった症状は、しばらく経過すれば、しぜんによくなっていくものもあれば、ずっと残る症状もあります。

もし安全に視力を回復するとなれば、視力回復センターなどにかよったり、3Dのマジカルアイなどの視力回復の本やピンホールメガネなどの視力回復グッズを使うといいでしょう。あるいは超音波治療器ソニマックやメガトレ、アイパワーなどの視力回復の機械・器具を使って、モチベーションを保つのでもいいでしょう。

あるいは、自宅で簡単に視力回復トレーニングするには、視力回復のマニュアルを購入し、専門家やインストラクターの指導をうけるという方法もあります。

視力回復治療の方法一覧