視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 視力回復手術は失敗することもある?〜後遺症や合併症

視力回復手術は失敗することもある?〜後遺症や合併症

視力回復手術は失敗することはあるのでしょうか?

まずいえることは、眼科専門医が担当した視力回復手術では、失明したことはないということです。ただし医師免許だけで眼科専門医の資格がない美容整形外科の医師が執刀した場合、失明することもありますし、失敗することもあるでしょう。

眼科専門医が行なう視力回復手術でも、失敗というかちょっとしたミスが発生することはあります。たとえば角膜の表面をちょっと傷つけてしまうという程度です。

この場合、レーシック手術中は麻酔が効いていますから、本人は気づきません。レーシック術後、麻酔が切れてから、痛みを自覚することになります。

エキシマレーザーの照射にしても、以前は眼科専門医が手動で行なっていましたが、今はコンピューターで自動制御されています。これをアイトラッキングシステムといいます。

患者さんの瞳孔が動くと、それを追ってエキシマレーザーの照射位置も変わるのです。以前は、患者さんの目が動いてしまうと、レーザーの照射位置がずれて乱視が出現することがありました。しかし、現在ではこの最新技術・機械を導入しているレーシックのクリニック・施設であれば、その心配はないでしょう。

視力回復手術の失敗は、現在ではほとんど無いといえるのです。これは前述したように、コンピュータの精度が向上しているためです。

視力回復手術の黎明期には、RK手術というものがありました。これは患者さんの角膜に放射状にメスで切り込みを入れる眼科の治療法です。

これによって角膜中央部を平らにして目の屈折率を調整するのですが、切込みを多く入れすぎたり、大事な角膜中央部にまでメスを入れてしまったりと、視力回復手術は失敗を重ねていたのです。

RK手術に関しては、日本の眼科専門医は慎重でした。このような視力回復手術の失敗事例がありますから、あまり積極的に乗り出さなかったのです。

日本の眼科専門医が本格的に視力矯正手術に乗り出したのは、エキシマレーザーが厚生労働省によって認可された2000年以降です。まずはPRK手術から取り組んだのです。

ですから、日本でうける視力回復手術で失敗するということは、まずありえません。なかには、ニュースでも報道されたように、治療器具の滅菌処理がずさんで、集団感染を起こす事例がたまにありますが・・・。これは視力回復手術の失敗というより、問題外の事例であり、レーシックのクリニックの問題です。

結局、視力回復手術で失敗を絶対に起こさないためのポイントは、レーシックの眼科やクリニック選びを、口コミや評判を参考にして慎重に決めることと、眼科専門医に治療をうけるということの2点になります。

視力回復治療の方法一覧