視力回復治療とレーザー手術の館

メガネやコンタクトレンズなどの視力回復治療、レーザーを使ったレーシック手術について解説しています。

サイトトップ > 近視の通電治療とは?〜電流を流して仮性近視を治す

近視の通電治療とは?〜電流を流して仮性近視を治す

近視の通電治療によって、目をよくする方法があります。

いわゆる眼科の通電療法というものですね。
眼科での近視の通電治療は、効果のわりに、あまり知られていないかもしれません。それは眼科で実施されているとはいえ、全国では数えるほどしか行なわれていないからです。

眼科医は近視や遠視、乱視の視力回復には否定的なので、眼科学会になかなか受け入れられないのでしょう。

近視の通電治療は、目に電気を流すわけですから、なんだか怖い気がして危険を感じますが、大丈夫です。流す電流は、非常に微弱なため、ちょっとぴりっとくる程度。

この微弱な電気が、目のこりかたまった筋肉をほぐすことになります。目は多くの筋肉で支えられていますが、手で目をマッサージするわけにはいきません。眼球に手で圧迫を加えると、眼圧が上昇したり、水晶体や網膜に悪影響や障害を与えかねません。

そこで目の内部の筋肉をほぐすには、べつの手段をとる必要があるわけですね。それは目の筋肉自体を運動させることだったり、超音波という振動であったり、熱であったり、血流促進であったりします。その手段のひとつが、近視の通電治療、つまり電気、電流です。

眼科で実施される近視の通電治療は、目に微弱な電気を流して、毛様体筋のコリをほぐします。そのため眼科では、眼精疲労外来でも受けることができます。

近視の通電治療では、2本の電極棒をつかって、患者さんの目のまわりにタッチしていきます。いわゆる目のまわりにある視力回復のツボがある位置に電極棒を当てて、周回させていきます。

こう考えると、西洋医学でありながら、ツボの位置にちゃんと電極棒を当てるので、東洋医学的にも理にかなっているわけですね。

眼科で行なわれている近視の通電治療法は、1回約1000円かかります。これを1週間おきとか2週間おき、人によっては1ヶ月おきに治療をうけるわけです。

近視の通電治療は、仮性近視にもっとも有効な視力回復の方法です。なぜなら、毛様体筋のこりのみが視力低下の原因だからです。これが屈折性近視になると、眼球の変形が加わりますから、視力の改善はむずかしくなってきます。ましてや眼軸が伸びている軸性近視になると、なかなか効果を実感できないかもしれません。

仮性近視のなかでも、子供の視力は、改善しやすいといえます。子供の視力低下は急激に進み、大人の3倍以上のスピードといわれています。そのぶん、視力アップの速さも3倍以上と考えてよさそうです。

また子供であるほど、水分が多いので、電流が流れやすいということもあります。しかし子供であっても、まったく視力がアップしないこともあるし、年配の方であっても、ぐんぐん視力が改善していくケースもあります。

眼科の近視の通電治療の欠点は、ずっと通い続けなければならない、という点です。もしいったん視力が回復しても、通院をストップしたら、視力が低下してしまう可能性があります。

そう考えると、自宅で簡単にできる視力回復トレーニング法を知っておいたほうがいいと思います。目にいい視力訓練法、しかも簡単にできる視力改善のトレーニング法は存在していますから、それを自宅で少しずつ続けていったほうがいいとは思いませんか?

視力回復治療の方法一覧